×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



2007年から2009年1月までの分析

金正日に対し制裁強化すべし。米中企業が北鮮の鉱山権等を獲得との情報と、ロシアと金正日が38度線保持を数年前確認していると観測できる。これが急所と見る。

よってロシアとの関係良好をはかり、平和の為に、核兵器級保有へ向けて知恵を出すべき時にあると判断できる。
論説
本紙概要、   //////// 企業部・紹介   ///////
 フランスから
「ボンジュール」

お知らせ。このホームページでは、
ニュース西海新聞社「ネット総局世界版」として
論説部中心に掲載したく考えます。
皆さんご自愛ください。
仕事したいなー。

新たに全国版を設置します。
newssaikai.net 調整中

 
川棚町からも
「ボンジュール」
本紙の石

中道とは、中心に「仁」があるということだ。
 
西洋かぶれでは、中道の真髄が分からなくなる。

 「和魂漢才」と有太宰府天満宮石碑に刻まれた菅原道真公士の詩は、

「和魂洋才」として、今なお生きているのを看見する。 (看見とは出会う事)
全国書道展 金賞者の書
「英雄 有 悲」。

英雄に、悲しみあり。


大道を知らずして、悲しみ分からず。
論説部    歴史学と兵学は、一番大事である。
2008年 「文士・坂井宏輔の自然科学としての歴史学」。準備中

2008年 「文士・坂井宏輔の自然科学として大切な兵学」。準備中

1、進化した靖国神社は、アジア・アフリカ最大級の文化施設。

2、靖国神社に参拝する労働組合を結成しよう。


3、小林多喜二を読んだら、次は

ソルジェニーチェンの「収容所群島」を読もう



2007年8月15日、有色人独立解放記念、日本兵に感謝す。
本当の大偉人は日本兵。人類2500年の歴史文化の結晶。

2007
年4月17日
伊藤一長銃撃殺人事件
17日、午後7時52分頃 前長崎市長 伊藤一長氏 撃たれ、意識不明重体との報。



新企画 ニュース西海新聞社報道デスク 音声放送局 (試験放送)

歴史スクープ特集「戦地売春婦・米メディア報道問題」 ニュース西海新聞社・現近代歴史検証部


2007年3月24日 論説部 第二回 核兵器に準じる兵器保有を急ぐべし
2007年1月03日 論説部 第一回 核兵器に準じる兵器保有を急ぐべし第3版増版中


12月8日は、人類史上に至光する「大東亜独立解放戦争記念日」である。

                      「THE GREAT ASIA INDEPENDENT WAR.」

◎「ありがとう日本兵」必読の論説

◎ 台湾/高砂義勇兵を表敬
                         



     
                                  書籍紹介   
「地方マスコミ 
 就職ナビ2008」
                                      

























思い出の着物で人形作ります。
創作人形工房。催し情報。

 

                                    

世界版、論説部版
           

◎社説、 北鮮へ  経済制裁/経済封鎖を発動せよ                       


◎社説、日本国憲法の第9条を全項目・削除すべし



/////////////////////    
        アジアからの歴史検証特集

◎社説 靖国神社参拝はアジア民の良識なり
new


我們 不忘 台湾人 的 恩

◎ 台湾/高砂義勇兵を表敬  多謝・多謝 

簡素に大東亜戦争の偉業を論説す

◎「ありがとう日本兵」
       菊兵団は偉大な


近代化遺産を巡る特別講座・無料 

「九州・ヘリテージ塾」開催
国土交通省九州運輸局主催
 


◎西海国立公園 



    

       

      
生命・歴史・生存の知道と、地球規模の歴史視点に立つ「ニュース西海新聞社」

   「びわの木」運動。 

日本人、アジア人は、ニュース西海新聞社の社説・論説を読もう

本紙は、中立にして中道なり。 そして、靖国神社の神を、アジア人の大恩人として、讃ています。  これは命の真髄。歴史的良識なり。                                                     
    投書部・討議場
 
                                  企業部・紹介


本紙概要

 

論説員紹介  

 

本紙の姿勢    

出版物   

 

連絡先   

Eail- うNewsSaikai@excite.co.jp

スパムメール対策のため、「う」をとってメールして下さい。

2005(c)copyright  The NewsSaikai all rights reserved