×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 社説、時説、論説、          
                        ニュース西海新聞社      
                       


中立・中道にして良識。      生命・歴史・生存の知道------- ニュース西海新聞社

明治以来120年以上の証言・体験や、現実と理論を経験・研鑚した上、論説に着手しています。


 日本人、アジア人へ向けて         各論抜粋分     ニュース西海新聞社・論説部

              
   時説の一部  
抜粋      洞察し、簡素に急所を表現す。           
   。。。。。。歴史が動き出すか。。。。。
2007年3月24日

核兵器級保有論 第2回

核などの兵器の保有を急げ
社説

時説

核などの兵器の保有を急げ。

憲法改正よりも、先にして、

アジアの平和と安全、生命を守るべし。


2007年3月

極東の危ない情勢に

変化はない
時説


米国が北朝鮮への制裁解除に動いたが、
北朝鮮を含む極東の情勢に変化はないと観測できるので、

本紙時説も基本的変更はなし。

国連軍が、北に駐屯するようになれば、
流れは少し変わるかに見えるが・・・。



核兵器級保有論 第1回

2007年3月3日第3版

2007年3月1日第2版

2007年1月3日第1版


論説 平和と安全のために

「核兵器に準じる兵器を250発以上保有すべきだ」。

犠牲者2500万人程度を覚悟すべし
21006.
2006年10月18日 時説 武力衝突も想定して、対応すべし。@。

2006.10.17


時説 悪党中央・金正日と一派が、核実験を実施したと主張。
米はこれを確認したと発表した。
2006.10.11


時説 日本は核兵器等に準じる兵器を、保有できる能力を拡大すべし。リンク作成中。
2006年9月17日

時説 台風13号が、接近中。その注意点。リンク作成中。
2006年9月17日

時説 攻撃力ある武器で均衡させる強い姿勢でしか、生き残りははかれまい。リンク作成中。
2006年8月10日(星期四)


時説
アジア各国の要人が、靖国神社を表敬することも、また、良識である。

歴代韓国大統領も、敬意をもって靖国神社に参拝すべし。


    
 
       。。。。。。歴史が動き出すか。。。。。
2006.7.10 時説 悪党中央・金正日とは、徹底的に戦うべし。

2006.7.10 時説 「治安維持に必要な各種法を整備すること」が重要。

2006.7.6    時説 竹島侵略の韓国政府に対して、日本政府は強い態度にでよ。リンク作成中。

  2006. 6.16    
時説  北鮮・金正日、および、韓国政府に対して、
強い態度に出よ、日本政府と外務省は。  
      リンク作成中。   
   



リンク作成中。ニュース西海新聞社・論説部 中立・中道にして良識。

「歴史学と歴史論との違い。」の説明文。クイックしてね

      
     社説          
    

「学としての歴史学」の説明文
   これが人類史・歴史学を通した発言だ。              



1、核などの兵器の保有を急げ


憲法改正は後回しにすべし。
時説
核などの兵器の保有を急げ。

憲法改正よりも、先にして、

アジアの平和と安全、生命を守るべし。
250発以上必要




「幸福の追求」を掲げる戦後憲法では、

人や国や地球は、破綻する。


社説

1、日本国憲法の第9条を全項目・削除すべし


いらない。危険。   ゴミ、ゴミ以下の猛毒である。


平和と安全を希求する国と国民等と改正すべき。リンク作成中


偉大なる英霊に感謝します。

社説

1、靖国神社参拝は、アジア民の良識なり

大きく進化した靖国神社。

昭和からの「靖国神社は、人類遺産である。」

リンク作成中



2005.12月、20061月抜粋分


社説 1、北鮮を全面的に経済制裁せよ












リンク作成中。ニュース西海新聞社・論説部 中立・中道にして良識。

      論説



    リンク作成中。                  リンク作成中。                         リンク作成中。  



2007年3月3日第3版

2007年3月1日第2版

2007年1月3日第1版

    平和と安全のために

平和と安全のために

「核兵器に準じる兵器を250発以上保有すべきだ」。

犠牲者2500万人程度を覚悟すべし


  予定。


戦後知識人や邪宗の未熟さ 進歩的文化人などではなかった。

退廃的偏狭小知識人であった。
 

2005年11月
発行印刷済



 短文 「美しい大正生まれ人」


  大正生まれの日本人の多くが、一番美しい人達だった。

 どうして美しいのか、大正生まれ人に逢って、
  その理由を探そう。



ニュース西海新聞社 論説部を応援しよう。
ニュース西海新聞社1992年発刊 



主な部署  論説部、政治部、社会部、知的所有権部、娯楽部、印刷部
長崎県佐世保市権常寺町279−6 
電話0956−38−6208
Mail−NewsSaikai@excite.co.jp


ホームへ戻る