×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 社説、時説、論説、         
                     ニュース西海新聞社                  
ニュース西海新聞社 社説、時説、論説、 


武力衝突も想定して、対応すべし。

朝鮮半島での核保有は、絶対に容認してはならない。

アメリカも1994年に北鮮の核兵器開発放棄を信用した。
が、やはり騙された。

アメリカは、武力行使しないのか。

朝鮮人は、旧日本兵が戦前戦後を通じて、命を助けたが、
この金豚は、日本人にも武器を向けている。

軍事施設等に対する武力行使は、日本国憲法でも、:限定距離内で、
自衛権の範囲とし容認されている、と判断す。

平和と安全は、今回の場合、核であるゆえに、
早い段階の武力行使も要求されている、と判断する。

悪党の本質を知るべし。



ニュース西海新聞社
、論説部時説、 2006年10月18日


ニュース西海新聞社1992年発刊 

主な部署  論説部、政治部、社会部、知的所有権部、娯楽部、印刷部
長崎県佐世保市権常寺町279−6 
電話0956−38−6208
Mail−NewsSaikai@excite.co.jp


ホームへ戻る