×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 事件簿         ニュース西海 

またも周防灘で韓国籍船舶と漁船が衝突した。                                          
社会部


10月31日、周防灘で韓国籍タンカーと漁船が衝突した。

31日午前0時頃、周防灘・関門海峡東口で、韓国籍タンカーと日本漁船が衝突した。
漁船の船長1名が、行方不明となっている。

10月31日14時16分時点でも不明のまま。 
現在も、巡視艇等により捜索に当たっている。
門司海上保安部は、付近航行の船舶に注意を呼びかけている。

行方不明者は一名で、「蛭子丸 4.9トン 船長 中尾春男さん、65歳。」
所属漁協は、山口県宇部、港町にある「新宇部港漁協」。

衝突したのは、韓国籍タンカー 499トン 乗組員10名。

門司海上保安部は、韓国籍乗組員からも、事情を聞いている。

周防灘、関門海峡は、海上交通量の多い場所。
韓国籍船舶との衝突は、今10月に入って、2件目となった。

・事件発生場所 北九州市門司区所在の部埼灯台から東側約2キロメートルの関門海峡東口

2006.10.31
ニュース西海新聞社 社会部 速報版


ニュース西海新聞社1992年発刊 

主な部署  論説部、政治部、社会部、知的所有権部、娯楽部、印刷部
長崎県佐世保市権常寺町279−6 
電話0956−38−6208
Mail−NewsSaikai@excite.co.jp


ホームへ戻る